製造・販売元『梅の香ひじき』のふく富


トップページ

What's明太子?

ネットショッピング
 ┣梅の香ひじき
 ┣萬両極味
 ┣千両吟味
 ┣直火焼炙りめんたい
 ┣炭火あぶり焼
 ┣博多楽味
 ┣ぷりぷりイカめん
 ┣とんこつラーメン
 ┣めんたい昆布
 ┣博多ソーセージ
 ┣詰合わせ
 ┗昆布三昧
 
お客様の声

カタログ請求

どこで買えるの?

会社概要

送料・支払い方法について

サイトマップ


こだわりレシピ集

梅の香ひじき

「めし友2011」でも紹介!ひじきと、カリカリ梅と白ごまを和えた半生ふりかけです。 梅の食感、しその香りとひじきの風味が、ごはんとの相性抜群です。本家製造元の「味のふく富」が自信をもってお届けする逸品です。
 
 



HOMEWhat's 明太子≫由来

「明太子」は韓国出身

17世紀中ごろ、韓国の明川(ミョチョン)を巡視していた中央監官吏がスケトウダラの料理を食べたところ、その味に大変満足し、その魚の名前を聞いたといいます。

ところが誰も名前がわからず、「太(テ)という漁師が捕った魚」ことしか分かりませんでした。そこで官吏は“明川”で“太”が捕った魚だから「明太(ミョンテ)」と名付ける事にしました。 そして、戦前に釜山(プサン)に住んでいた日本人が、スケトウダラを「明太(メンタイ)」と呼び、その卵巣=子供ということで「明太子」と呼ばれるようになりました。

その後、70年頃までは関東では九州のおみやげ品のイメージが強い嗜好品とされていましたが、80年にかけて急速に関東でも流通するようになり今日は全国的にどこの店頭でも見かけるようになったようです。

ちなみに、東日本の方は明太子のことを「たらこ」、北海道では、たらこの色が紅葉の色に似ていることから「もみじ子」と呼ぶ地域もあるそうです。

こだわり 産地
株式会社 ふく富 〒812-0897 福岡市博多区半道橋2丁目6番34号 TEL(092)451-1910/FAX(092)411-5912 E-mail : info@fukutomi.co.jp